WEBの勤怠管理は部門の費用の削減につながります。

WEBにおける勤怠管理で承認漏れがわかりやすい 最近、WEBで勤怠管理する会社が非常に増えています。導入にあたってコスト的な問題で迷っている人もいるかもしれませんが、コストはあっという間に回収できますので、勤怠管理に関してはWEBにすることがおすすめです。具体的に勤怠管理というと、社員が出勤したり退社したりする時間を毎日記録することによって適正な労働時間を守っているかということについて確認するものです。時間外労働をしたり、休日出勤をした場合というのは割り増し分の手当てがつきますので、人件費の調整弁としても労働時間、時間外というのはとても重要なコストとなります。システムによってきちんと管理するということで一人ひとりのデータ入力のコストも削減できますし、管理監督者が自分の職場の時間外労働手当について把握することで、部門のコスト管理について考えることができます。紙ベースの勤怠管理などと異なり、WEB管理の勤怠管理は大抵の場合、データはダウンロードして自分の見やすい形で抽出できるものなのです。時間外が多いということになれば、仕事量を調整するようにして部門全体の人件費を下げるという取り組みもできます。

また、近年は有給休暇の取得率に関しても色々と言われているところです。毎年付与される有給を使わずに流してしまっている人も多いかと思います。国としてはこの有給取得率のアップについて色々と取り組んでいますが、なかなか進まないのが現状です。そこで、勤怠管理システムを使うことによって、とても簡単にデータが抽出できますので社員の有給取得率についてもすぐにわかります。結果として労使で車内の有給休暇取得率について話し合いをし、どのような取り組みをしていくかということについても検討できるでしょう。

関連記事・情報