WEBで勤怠管理する利点とは

WEBにおける勤怠管理で承認漏れがわかりやすい 昔はタイムカードや申請書で勤怠の管理を行っていました。しかし、今の時代、ほとんどの会社ではWEB上で勤怠管理を行っているところがほとんどです。なぜ、そのような制度を導入するようになったのでしょう。大きな理由はこの制度にはメリットがたくさんあるからです。

タイムカードなどでの紙を使った管理にはデータの集計や計算などの労力が必要です。社員数が多いほどその作業に費やす時間は大きいです。しかし、WEBで行うことにより、システムが自動的に残業時間などの計算や有給の残数の管理などもおこなってくれるため、計算や入力ミスが無く人がやるよりもはるかに効率が良いと言う利点があります。これにより、何度も入力しなおしたり、書類の管理や手計算の無駄な労力と時間を削減できます。パソコン上で有給等の申請、承認もできますので何度も上司のところに行く必要はなくなるわけです。また、毎日の勤務状況をリアルタイムで確認できるため、社員の業務時間や離れている支社や営業所の状況も把握できるため業務の改善に役立ちます。

さらに、このシステムで管理していることのより社員の労働状況を把握することができ、残業指示や指導の方法がより明確になり、無駄な残業代の削減につながります。書類申請のために使っていた紙やインクなどの消耗品も必要なくなります。また、人でもかからないために、人件費や経費の削減に大きく貢献します。まとめますと、WEBの勤怠管理は労力と時間を削減でき、正確に管理できるという利点があることがわかります。

関連記事・情報