WEBの勤怠管理は多くの点でメリットがあります

WEBにおける勤怠管理で承認漏れがわかりやすい 会社で社員の勤怠管理を行うのをWEBで行うようにすると、驚くほど人件費が削減できることに気がつくと思います。というのも、多くの職場では時間外労働というのがほぼ恒常的に発生しています。特に近年は労働者の数を増やさずに固定費をなるべく削減し、今いる人手の中で時間外労働や休日出勤をすることによって仕事の量に対応してきている企業がほとんどだからです。そこで、毎月ある時間外手当の社員からの申請を職場の事務職の一人が勤怠システムに入力し、それが翌月支払われるというようなフローになっていることが多かったのですが、それら全てがシステムにて一元され、勤怠システムに入力する手間が全くなくなることでその時間の人件費が浮くことになったのです。

まず、社員としては日々の勤怠の記録をシステムに打ち込んでいきます。中には打刻システムといって、出勤と退出の際にパソコン上で出勤ボタン、退出ボタンをクリックすると自動的にシステムに反映されるようなシステムを導入しているところもあります。これは非常に便利で月末に勝手にシステムが自分の時間外勤務の時間を計算して、それを上司が承認する形で勤怠処理が行われるのです。本人も楽ですし上司も楽ですね。システムなので出張先でも上司は承認することができます。

また、こうした取り組みはエクセルベースなどでデータを落とすこともでき、部下の時間外労働の実態について上司が把握するのにも便利ですよ。

関連記事・情報