勤怠管理をWEBシステムで行うメリット

WEBにおける勤怠管理で承認漏れがわかりやすい 勤怠管理といえばまずは入り口の横に設置されたタイムカードを思い浮かべますが、現在ではこのタイムカードの打刻装置も勤怠管理のためのWEBシステム上のネットワークの一部として機能しているケースが多いですよね。今回はこうしたWEBシステムによって勤怠管理を行うことのメリットについてまとめてみましょう。まず、これは全般的に言えることなのですがこうした継続的な記録のデータを紙媒体から電子情報化することによって相当なコストを浮かせる事ができるのです。それはデータの記録に使用する紙のコストであり、その記録や管理作業を行う担当者の人件費であり、その作業にかかる時間、そして記録した書類の保管場所です。ある程度大所帯の企業ともなればこの勤怠データの集計やファイリングだけでも相当な手間隙がかかってしまいますが、これらにかかる費用も時間も労力も保管場所もWEBシステム上で処理できる環境にすることによって大幅に削減されるわけですね。

さらに情報の鮮度と俯瞰のしやすさです。WEB上で勤怠の情報をリアルタイムかつ、各種グラフ等の必要に応じた形で確認できるようになるため誰がどの業務にどの位時間をかけているのかが把握しやすくなりますので、必要に応じて増員や担当替えを行い適切な体勢を整えるといった人事調整が可能になります。また、この調節によって個々の負担の偏りや無駄な残業時間も改善されるためそうした面でのコストを削減させる効果も期待できるわけです。

関連記事・情報